スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じじ宝物
2007.08.10 (00:00) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
おじいちゃんが蒐集していたコイン。
銭形平次が投げていた銭「寛永通宝」や、
磁石にくっつくニッケル50円玉など、
昔のお金が色々あって楽しい。(A)

20070808173616.jpg

20070808173557.jpg

20070808173724.jpg

20070808173702.jpg


スポンサーサイト
おじいさんの古時計
2007.08.09 (00:00) 12F 伝統工芸品売り場trackback(1)comment(0)
おじいちゃんの振り子時計。
チックタク、チックタク、チックタクと時を刻み、
ボーン、ボーンと時を告げる。

20070808170242.jpg

20070808170300.jpg

20070808170320.jpg

20070808170358.jpg

20070808170338.jpg

このチクタクの一定のリズムが気になりだすと、
落ち着かなくなるので、普段は振り子を止めている。
時折、懐かしい音が聞きたくなって、動かしてみる。(A)
カンボジアみやげ その③
2007.07.06 (17:31) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
麻で編み上げたハンモック。
カンボジアの人々はハンモックでお昼寝をする。
ゆらゆら揺られて気持ち良さそうであった。(A)

20070706172945.jpg

20070706173004.jpg

キューピーさん
2007.06.22 (12:01) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
おばあちゃんが大切にしていたキューピーさん。
目がぱっちりしていてまつげがとても長い。
20070622115903.jpg

幼かった頃、私はこのキューピーがとても
こわくて仕方なかった。
20070622115932.jpg

今はわりとかわいいと思えてきたけれど、
ちょっとした拍子に怖く見えるときがある。
20070622120009.jpg

背中には緑の羽根がある。(A)


般若絵心経
2007.06.15 (10:34) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
20070615102034.jpg

お経をよく唱えていた祖父(故)の手拭い。
祖父は素敵なものを集めるのが得意であった。

20070615102117.jpg

↑「摩訶般若波羅」の「はら」はお腹。
「空空(くうくう)」は食う食う(人の姿)。

20070615102218.jpg

↑「智(ち)」は乳、「薩(さつ)」は犬が用足し後(失礼)、砂をかけている動作?!いや、してる最中か。(A)
おはじき
2007.05.26 (11:30) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
本棚の本に隠れるように、箱にしまってあったのを発見した。
小さい頃、よくおばあちゃんとおはじき遊びをやったっけ。無色透明なおはじきを見つけては「きれい。」と喜んでいた。大小のビー玉でも遊んでいたけれど、おはじきの方が好きだったなあ。
070526.1.jpg

070526.2.jpg

「透明あった!」(A)
070526.3.jpg

孫のシーサー
2007.02.16 (12:10) 12F 伝統工芸品売り場trackback(1)comment(0)
沖縄の旅で購入したシーサーさー。
陶芸通りの小さな店での物語。(A)
070216.sisa2.jpg

店で数点並ぶシーサーの中で、これだけ異質で売り物に見えなかった。他のはどれも有名な焼き物らしく、見ると値段も高い。
一方こちらは粘土細工で焼き上げたもので値段も書いてなく、高価シーサーの合間にちょこなんと鎮座していた。

とても気になったので、店主を呼ぶべく、店と繋がる家の方に声をかけた。すると、奥からおばあさん(よれよれ)が出てきた。駄目でもともと「これ、おいくらですか?」と聞いてみると、「それは6千円。」との返答。売り物なんだ?と納得したも、それは高いと思えたので交渉していくうちに最初の半額以下(確か2500円ぐらい)で買えることに。

おばあさん、あってないような値段を…。
そしておばあさん、これお宅の孫の作品では
ないでしょうね。
070216.sisa.jpg

「おばあちゃん、私が作ったシーサー見てくれた?
出来がいいからってお父さんがお店に飾ってくれたんだよお。」(A)
たいやきくん
2007.01.21 (19:18) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
お、こんなところに鯛焼きが。いただきま~す!
1


キラリーン!!
「わて、鯛焼きちゃいまんねん。急須敷きでんねん。」
2


キラリーン!!
「わいも、食べる魚ちゃうで~。やかん敷きやで。」
3

魚のほかにも葉っぱの絵の敷板も。
4

各種敷板。楊枝入れと同じく叔母さんの作品です。(A)
7

ひらめもしくはかれい
2007.01.09 (21:04) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
あれまあ、ひらめ!いやカレイ?
1


実はこれ、叔母さん作のつまようじ入れなのです。
尾っぽを軸にひらめ(カレイ)蓋がスライドします。(A)

2

なんともはや、かわいい。
人面ぎょえー
2006.11.20 (21:00) 12F 伝統工芸品売り場trackback(0)comment(0)
061120hashi1.jpg
何か怒った子供が迫ってきた。

061120hashi2.jpg
よく見ると子供じゃなくて魚か。いや、なーんだ、人面魚か。ん?

061120hashi3.jpg
実は箸置き。文鎮にも使える。これは前回紹介したちっちゃいオッサンと一緒に購入したもの。従って、同じくある芸大の方の作品である。12F 伝統工芸品売り場にて。(D)
homenext
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。