スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスプレゼント
2007.02.25 (00:00) 2F パティスリーtrackback(0)comment(0)
070223xmas1.jpg

今更なのですが...クリスマスプレゼントの紹介です。

友人モリコーネにいただいた。
風呂敷をほどくと、中にはこのようにジャムとクッキーとケーキが入っておりました。

070223xmas2.jpg

スプーンやフォーク型のクッキーもあって、かわいい。

070223xmas3.jpg

他にもウサギやら傘やら木やら星やら車やら...
色んな形の色んな色のクッキーがいっぱい。
見せてあげた人はみんな「まあ、かわいい」と声をあげたもんです。
これらの詰められていた箱のフタを見るまではね...。

070223xmas5.jpg

む、ムカデ人間...。
いや、だんご虫人間だろうか??
なぜクリスマスプレゼントのクッキーの入った箱のフタに...。

070223xmas6.jpg

確かに、顔を見れば愛嬌がある気もするが...。
笑っている...。

070223xmas4.jpg

おまけで携帯ストラップもくれましたーって、クッキーじゃん!(D)
スポンサーサイト
孫のシーサー
2007.02.16 (12:10) 12F 伝統工芸品売り場trackback(1)comment(0)
沖縄の旅で購入したシーサーさー。
陶芸通りの小さな店での物語。(A)
070216.sisa2.jpg

店で数点並ぶシーサーの中で、これだけ異質で売り物に見えなかった。他のはどれも有名な焼き物らしく、見ると値段も高い。
一方こちらは粘土細工で焼き上げたもので値段も書いてなく、高価シーサーの合間にちょこなんと鎮座していた。

とても気になったので、店主を呼ぶべく、店と繋がる家の方に声をかけた。すると、奥からおばあさん(よれよれ)が出てきた。駄目でもともと「これ、おいくらですか?」と聞いてみると、「それは6千円。」との返答。売り物なんだ?と納得したも、それは高いと思えたので交渉していくうちに最初の半額以下(確か2500円ぐらい)で買えることに。

おばあさん、あってないような値段を…。
そしておばあさん、これお宅の孫の作品では
ないでしょうね。
070216.sisa.jpg

「おばあちゃん、私が作ったシーサー見てくれた?
出来がいいからってお父さんがお店に飾ってくれたんだよお。」(A)
昭和の冷蔵庫
2007.02.11 (21:09) 13F 家電製品売り場trackback(0)comment(0)
ピンクの冷蔵庫。
以前、下北沢の店で購入した。
昭和時代のオモチャらしい。
ピンクの電話じゃないよ

色々と詰め込んでいくのが楽しい。
モリコーネさんの作品も入れたい!(A)
2

3

食器セット
2007.02.06 (20:22) 15F レストランtrackback(0)comment(1)
納戸から懐かしの小さなおもちゃが現れた。
この食器セットで幼かった私は空想を膨らませていた。

1

2

今でも十分膨らませて遊ぶことはできます。(A)
3
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。