スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孫のシーサー
2007.02.16 (12:10) 12F 伝統工芸品売り場trackback(1)comment(0)
沖縄の旅で購入したシーサーさー。
陶芸通りの小さな店での物語。(A)
070216.sisa2.jpg

店で数点並ぶシーサーの中で、これだけ異質で売り物に見えなかった。他のはどれも有名な焼き物らしく、見ると値段も高い。
一方こちらは粘土細工で焼き上げたもので値段も書いてなく、高価シーサーの合間にちょこなんと鎮座していた。

とても気になったので、店主を呼ぶべく、店と繋がる家の方に声をかけた。すると、奥からおばあさん(よれよれ)が出てきた。駄目でもともと「これ、おいくらですか?」と聞いてみると、「それは6千円。」との返答。売り物なんだ?と納得したも、それは高いと思えたので交渉していくうちに最初の半額以下(確か2500円ぐらい)で買えることに。

おばあさん、あってないような値段を…。
そしておばあさん、これお宅の孫の作品では
ないでしょうね。
070216.sisa.jpg

「おばあちゃん、私が作ったシーサー見てくれた?
出来がいいからってお父さんがお店に飾ってくれたんだよお。」(A)
スポンサーサイト
prevhome next














トラックバックURL
→http://mailfroma.blog68.fc2.com/tb.php/24-16c481d0
電動ろくろトレーニング~背面挽き編02
2007.02.24 (21:24)+ ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ
八幡野窯は電動ろくろ・シンポのRK-3Dを33台用意してます。この規模で体験工房を開いているのは日本中を見渡してもごく僅かでしょう。ずら~っと軒を並べた数多くの電動ろくろの中から修行時代に愛用した一台を選び、準備をします。皆、珍しい物でも見...
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。